指輪選び体験談

でき婚で婚約指輪なしの私が3つ目の結婚指輪を作る理由

投稿日:

うさぎママはパパくまに結婚指輪を買ってもらっていません。

ぴよこも1歳を過ぎて落ち着いてきたので、ちょっと指輪探しでもしてみようと思い立ち、今まさにいろいろと調べているところです。

うさぎママは昔から男性からのアクセサリーはTiffanyがいい!っていつもお願いしてるんだけど、パパくまブランドに疎いからどうかしら。

ちょっと調べただけでも本当にいろいろあるんですよね。

  • Tiffany、ブルガリ、カルティエを代表とする海外高級ブランド
  • ミキモト、ダイヤモンドシライシなどの国内高級ブランド
  • 4℃シー、スタージュエリーなど女性に人気のカジュアルブランド
  • ハンドメイド作家や、自分でデザインしたり
  • ノーブランドでもプラチナなら品質は悪くないし
うさぎママ
人の数だけ指輪のストーリーがあるんじゃないかなって興味が湧いてきました!

そんなわけで、うさぎママのお友達に婚約指輪と結婚指輪のエピソード教えてよ!とお願いしたところ続々と指輪ストーリーの返信があったので紹介していきたいと思います。

さてパパくまにはどこの指輪を買ってもらおうかしら♪

今日は私の仲良しの「中村家」の場合についてお話ししていきます

 

できちゃった結婚のため婚約指輪はもらっていません。

私。「中村家」の場合、婚約指輪は購入していません。

そして、今左の薬指には結婚指輪が二つ。なぜこんなことになったのでしょう。

そもそも、私たち夫婦はできちゃった結婚。

同じ職場の同僚でした。
一緒に働いていたから「人となり」はわかっていたし、いずれ結婚できればいいなと思っていました。

それでも妊娠が分かった当時は、プロポーズどころか結婚を前提としたおつきあいでもありませんでした。

まぁまぁ重たい現実が目の前に突き付けられている時に、ロマンチックなプロポーズなんかしてられないし、受ける方としてもいまさらとしか思えません。

もし当時凝ったプロポーズをされたとしても、ツワリで辛かったこともあってまったく喜べなかったと思います。

 

ジュエリー、アクセサリーにあまり興味なかった

ついでに言うと、私は装飾品の類に興味がありません。

指輪だけでなく、ピアスやネックレス、ブレスレットなど、身に付ける装飾品は全般的に違和感があって苦手。

時計も必要がなければほとんどしません。

今は携帯さえ持っていれば時間も確認できますからね。

そういうわけで、婚約指輪なんてもらってもつける機会がないし、これを買って欲しいという希望もありませんでした。

しかも、結婚する前提ということで、相手の貯金は自分の貯金という現実的なところに目が行きます。

欲しくもないものにお金をかけるなんて、そんな無駄なことをするくらいなら子供にお金をかけたいと思っていました。

しかし、結婚する以上結婚指輪くらいは買わねばなりません。最悪、結婚式はしなくても結納くらいはしなさいという、常識的な両親がそろった家だったからです。

私にも、結婚指輪に関しては一応希望がありました。

模様がなにもない、シンプルなシルバーリング。

結婚指輪問題が出た時、私は実家に帰っていて飛行機に乗らないと行き来ができない距離だったので、すべてを旦那さんになる予定の人に任せました。

そもそも指輪に興味がないし、ツワリでそれどころじゃなかったから。

でも、彼も私に負けず劣らずアクセサリーに興味がない人間でした。ついでに言うと、自覚のある趣味が悪い人間でもあります。

結局、私たちの結婚指輪は義理の母親になる人が選んでくれたものになりました。

彼女はアクセサリーが好きなので、趣味も悪くはないと思います。ただ、私の意見をきいていたのかどうか、まったく反映されていない彼女好みの指輪になっていました。

もちろん、気に入らないというほどではありません。人に託したのだから文句も言えません。でも、言った意見はどうなったんだ、と多少のもやもやは残っています。

とまぁこういうわけで、ひとつ目の結婚指輪が手に入りました。

四年程はこれ一筋です。

 

ある日主人が結婚指輪をなくしてしまった

ある日事件が起きました。主人が指輪をなくしてしまったのです。

仕事柄、勤務中は指輪をはずさなければいけないのですが、外した指輪をうっかりその辺に置きっぱなしにしてしまったようなのです。

同僚にも声を掛けて探してもらったらしいのですが、結局見つかっていません。

二人ともアクセサリーに興味がないので、しばらくはそのまま過ごしていました。

でも、そこに口を出す人間が一人。子供が「なんでママは指輪してるのに、パパのはないの?」と言いだしたのです。

子供は見ていないようで、実はよく見ています。

前はしていたはずの指輪がないことを、敏感に察知していました。仕方がないので新しく指輪を買おうと思ったのですが、どんなのにするか全く決まりません。

そういえば「シンプルな結婚指輪がよかったんだよね」と思い出し、せっかくだからおそろいの指輪を手作りしてみようということになりました。

 

手作りのアクセサリーキットを使って2つめの結婚指輪ができた

さっそくシルバーのアクセサリーキットを購入。

うまくできるかわからないし、サイズも思い通りにできるとは限らないので、とにかくひとつ試しに作ってみることにしました。

それがまた時間も手間もべらぼうにかかって大変。

やっとの思いで作り上げて思ったのは「まとめて二つ作るべきだったな」ということ。

結果論ではありますが、試しに作った指輪が思いのほか上手にできてしまったのです。これを越えられるのか、という気持ちと労力を考えると、二つ目を作ろうという気力がなかなか湧きません。

出来上がった指輪が私の指サイズだったので、結局指輪がない旦那さんはそのまま。
私の指輪が二つになったというわけです。

というわけで、私の結婚指輪は二つあるのですが、旦那さんの指には指輪がはまっていません。

これでは、私の指にはまっているものもはたして結婚指輪と呼んでいいのか、という疑惑が出てきます。ペアだからこその結婚指輪じゃないのか、と。でも、やっぱり興味がないのでそこからさらに二年ほどたった今も現状維持なんですけどね。

 

3つ目の結婚指輪は工房で手作りのものを考えています

そう言ってはいても、機会と出会いさえあればペアの指輪を購入したいと思っているのです。積極的に出会おうとしていないので、その機会にも恵まれないわけですが。今一番興味があるのは、工房で手作りの指輪を作れるというもの。

子どもを預けて二人で行ってみようかと考え中です。それならある程度自分の好みを反映させつつ、多少人任せにしたとしても必ず出来上がるはずだから。

そんなお金をかけない派の私ですが、銀座ダイヤモンドシライシについてたまたまうさぎママから教えてもらいました。

なんと来店予約で3,000円のギフトカードがもらえるそう。
工房をチェックする前に最近はどんな指輪のデザインが流行っているのか、はたまた相場はおいくらなのかリサーチしてみるのもおもしろそう。

とりあえず主人に相談しつつ、ゆっくり3つ目の指輪を選ぶつもりです。

-指輪選び体験談

Copyright© うさぎママの指輪探し , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.