最近よく聞くリトミックとは?黒柳徹子もおすすめの音楽教育



リトミックブーム到来?

うさぎママ
黒柳徹子さんがピックアップされる都度、話題になる教育がありますね!

それはリトミック。
別名:ダルクローズ音楽教育法 というもの。

 

リトミックとはどんな教育?

19世紀末から20世紀初頭、新教育運動のまさに絶頂期に活躍した

エミール・ジャック・ダルクローズ(スイスの音楽教育家にして作曲家)

が開発した、音楽教育の手法です。

国語や美術、体育、音楽の教育を、訓練、調教ではなく、子ども本人が自ら進んで学び
体感的に感覚を身につけていくための

情操教育、芸術教育というありかたです。

当時のハンブルク工芸美術館の館長、アルフレッド・リヒトヴァルクという人が指導してきたもので

芸術教育運動、ミューズ教育運動などと呼ばれる活動に、ダルクローズも寄与していました。

たとえば、子どもらに楽譜やコードの読み方、楽器の演奏訓練を

早期から闇雲に身につけさせるのではありません。

音を聞き

 

 

感じ

 

 

 

理解し

 

 

楽器に触ってみる

 

というように、体で感覚を慣らし、まず音をあつかう楽しさを感じてもらうことから始まります。

音を組み合わせて音楽を作ることの楽しさを、身体全体で味わっていきます。

その喜びの中で音を出し、奏で、

豊かな表現力で旋律を作っていくことへの興味と音感を育んでいこうとした人がダルクローズで

その実践がリトミックなんです!

日本の童謡もリトミックの影響を受けている?

当時の日本の音楽教育の草分け、山田耕筰(指揮者、作曲家)自身もダルクローズを訪ね、大いに影響を受けているようです。からたちの花、兎のダンス、待ちぼうけ等、有名詩人と組みで編まれた童謡は、今も歌い継がれています。みなさんも聞いたことがあるかもしれません。

こうしたリトミック教育は現代にも受け継がれており

  • 舞踏、演劇の表現能力のトレーニング
  • 幼児教育
  • 障がい児教育

にも、大いに取り入れられています。

リトミックがめざすもの

パパくま
つまり、リトミックは、表現力が大切なもの。例えば歌、ダンス、楽器をこれからやらせたい家庭の早期英才教育的なものってこと?

もちろん知育と組み合わせ、英才教育としての効果を説く幼児教室や教育産業もありますが

リトミックは元来、英才教育のためのカリキュラムではありません。

リトミックは、生きていく上での感性を養い、表現力を高めるための実践です。

うさぎママ
将来、子どもが「楽器をやりたい!」「ダンスやバレエをやりたい!」と思ったときに「表現力」の土壌があるかないかでは本人の楽しさも変わるよね!

音楽だけではない!リトミックのさまざまな効果

1:集中力が高まる

音楽を聴くには、集中力が必要になります。

集中力を養っていくには

音楽を聴き、自分の感性を表現していくことで達成感や喜びを感じることが大切です。

たとえば、発達障害をもった子どもにも効果的とされています。特に、集中力に欠け、気が散りやすい

ADD(注意欠陥性障害)・ADHD(注意欠陥多動性障害)をもった子は、報酬系の脳機能が弱いです。そこで、

聴くことに集中

→聴いた音をもとに表現

→「うれしい!」「楽しい!」

という達成感を味わせることを小さい頃から身につけることで

自己肯定感の高い子に育ちやすいです。

実際に発達障害児向けの音楽教室では、すでに実践されているようです。

2:社会性・協調性を養う

リトミックでは、何人かの子どもと一緒に実施されることが多く

「自分の番がまわってくる順番」を意識したり、相手の音や表現を聴くこともあります。

誰かと一緒に音楽を楽しむ経験が、将来なにかしらチームワークが必要な場面で役に立つことでしょう。

余談

ちなみにリトミックという言葉は、フランス語の発音に近く、英語圏ではユーリズミックス(eurhythmics)、
あるいは、ユーリトミクス(Eurythmics)となります。そこで、

ユーリズミックスというミュージシャン、聞いたことありませんか?

ユーリズミックスはイギリスの、男女の二人組ミュージシャンであり
もともとは恋人同士で、後にはビジネスパートナーとして音楽をやってきました。1980年代にヒット曲を連発し、高い人気を誇りました。

このバンド名がもろリトミックなのは、女性ボーカルのアニー・レノックスが幼少期、ヴァルドルフ学校(日本でいうところのシュタイナー学校)で学んでいて、舞踏芸術(Eurythmy、いわゆるオイリュトミー)の授業を受けていたからだそうです。

まさにリトミックそのものから取ったネーミングだったというわけですね。

 

まとめ

  • リトミックは、豊かな表現力を養うために大切な要素がつまっている!
  • リトミックは、音楽の英才教育ではない!
  • 集中力や、社会性を身につけることにも効果があるといわれている!

感性を引き立てるためにさまざまな場面で役に立つといわれているので、どうしても音楽をやらせたいご家庭でなくとも検討してみるといいかもしれません。










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

がみがみ育児はもう卒業!愛のある生活、今日から一緒に送りましょう(о´∀`о) 妊娠、出産、育児について同じ悩みをかかえるママの問題解決をしながら一緒に勉強していくブログ。得意なジャンルは無痛分娩、家事代行、国際結婚、旅行。