無痛は高額?47都道府県の平均と無痛分娩で実際かかった出産費用を大公開。



無痛分娩の出産費用はやっぱり高額なの?

はい、そうです。無痛分娩の出産費用は高額です。

厚生労働省によると、平成27年の正常分娩の平均は499,615円。

東京都はこの平均からプラス10万円なので、約60万円くらいでしょうか。

無痛分娩の場合、通常普通の出産費用にプラス10万程と言われているので東京で無痛分娩となると平均70万円。

うさぎママ
まあこれは十分高額といっていい値段でしょうね。

私にとっては一生で一度か、二度の人生最大のイベント。
正直数十万違ったところで、安心してお産にのぞめるのが一番だと思っていますから、あまり金額は気になりませんでした。

産むのはたった1日だから少しでも出産後に費用をまわした方がいいというアドバイスも何人もの友達から受けました。

産むのはたった1日でも、その日を迎えるまでに数か月間不安で過ごすのは本当にイヤ!
無痛で出産できるというのは私にとって本当におまもりのようなものだったので、たった10万、20万で恐怖を取り除いてくれるなら安いものでした。

うさぎママ
うさぎママの考えとしては、無痛分娩の費用は高額。だけど痛みを取り除けるという最大のメリットを考えると決して高くない!
パパくま
うん、そうだね、ママが安心して産めるのが一番だから好きにしたらいいと思うよ。

47都道府県別の出産費用はこれくらい違う

このブログの読者の方には地方の方もいらっしゃると思いますので、東京都以外の出産費用についても調べてみました。

厚生労働省の社会保障審議会の議事録資料によると平成24年度の都道府県別の具体的な金額は以下の通り。

北海道 427,536円 滋賀県 471,587円
青森県 424,054円 京都府 472,706円
岩手県 450,152円 大阪府 492,944円
宮城県 513,764円 兵庫県 492,866円
秋田県 439,574円 奈良県 479,864円
山形県 486,012円 和歌山県 443,955円
福島県 461,714円 鳥取県 399,501円
茨城県 496,897円 島根県 453,170円
栃木県 525,763円 岡山県 479,016円
群馬県 492,802円 広島県 475,611円
埼玉県 511,750円 山口県 426,973円
千葉県 492,400円 徳島県 457,491円
東京都 586,146円 香川県 434,345円
神奈川県 534,153円 愛媛県 441,567円
新潟県 486,386円 高知県 415,006円
富山県 457,650円 福岡県 459,253円
石川県 456,037円 佐賀県 430,352円
福井県 453,697円 長崎県 446,221円
山梨県 477,026円 熊本県 411,449円
長野県 492,076円 大分県 422,215円
岐阜県 474,691円 宮崎県 420,879円
静岡県 481,314円 鹿児島県 426,711円
愛知県 497,657円 沖縄県 414,548円
三重県 489,252円 全国 486,376円

鳥取県の399,501円~東京都の586,146円までかなり差がありますね。

実家が田舎の方は、里帰り出産は両親のサポートだけでなく費用面でもメリットがありそうですね。

うさぎママも実家は田舎ですが、東京での出産を希望しました。なんでかって?

岡山には24時間無痛分娩に対応している病院がひとつもないからですよ( ;∀;)

うさぎママ
あとはパパくまと離れるのが嫌だったっていうのもありますけどね。

 

荻窪、東京衛生病院の出産費用(普通分娩無痛分娩)

さて、そんな一般的な費用についてみていきましたが、実際うさぎママが衛生病院に支払った金額を見ていきましょう。

衛生病院では通常、初産婦で5~6日目、経産婦で5日目の退院を予定しています。

退院の決定は当日の朝。本人の回復はもちろん、こどもの黄疸が見られる場合に入院日数が長くなることはよくあります。

うさぎママ
ぴよこも退院前日に黄疸のことを指摘されて、本当は午前中に退院予定だったのに午後になったんですよ。

私は計画出産日にぴよこが生まれてこなかったので、入院してから7日目、出産からは6日目に退院でした。

うさぎママが実際に支払った金額は・・・・

811,125円!!!

入院7日(正常分娩)の金額とほとんど同額ですね。

うさぎママ
黄疸が良くならなければ、プラス5万円だったので本当によかった・・・

ちなみにうさぎママは大部屋(4人部屋)だったのだけど、個室の場合は1日につきプラス22,000円~24,000円かかるの。

7日入院したらプラス15万円だからだいたい100万円!

80万でも大満足、次回も衛生病院で出産したい

個室にした場合、驚きの100万円でしたが、うさぎママは次に子供を産むときも絶対に無痛分娩にしたいと思います。

80万円という数字だけ見るとかなり高額かもしれませんが、長年恐怖だった出産について、今はもう怖くありません。

それは衛生病院での出産の痛みがどの程度かわかっているから。

ニュースでは無痛分娩のリスクや、医療ミスなどが取りざたされていますが、きちんとベテランの医師のいる病院で安心して出産したいものですね。

無痛分娩研究家の私が必死で調べた妊活・妊娠に必須の葉酸サプリベスト3を紹介します。

2018.01.20

 

\うさぎママのおすすめサイト/
頑張らない節約で貯金を叶えるブログ『節約リッチ生活』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

がみがみ育児はもう卒業!愛のある生活、今日から一緒に送りましょう(о´∀`о) 妊娠、出産、育児について同じ悩みをかかえるママの問題解決をしながら一緒に勉強していくブログ。得意なジャンルは無痛分娩、家事代行、国際結婚、旅行。