紙おむつ、布おむつどっちが良いの?赤ちゃんにおむつはいらない?外国のおむつ事情について考える

うさぎママがぴよこを妊娠中のことです。

おともだち夫婦がおむつ戦争をしたと聞いて、突如疑問がむくむくとわいてきました。

友達夫婦の離婚原因!?夫婦喧嘩のはじまりはおむつ戦争

仲良しのお友達がお家に遊びにきて第一声、

「私離婚しようと思ってるの」

うさぎママ
ええええええ????

娘ちゃんはまだ1歳にもなっていないし、この前会った時はうちのパパはイクメンなのよ。と言っていたのでびっくりしました。

とりあえず、数時間話を聞くと、ここまでにはまあいろいろあったみたいなのですが、
印象に残っている話がおむつの話。

夫は『マミーポコ(彼女曰く品質はあまりよくなくて周りにもかぶれた子が多いと聞いているが値段が安いおむつ)にしてみないか』という。

彼女は今まで通り『パンパース(彼女曰く質はいいけど高いおむつ)がよい』

どうして可愛い一人娘のおむつ代、1枚数円、数十円をもったいないと思うのか訳が分からないとかなりご立腹の様子。

パパくま
うんうん、本当にめっちゃ怒ってたよね。おむつひとつでもこんなに喧嘩できるんだなぁってびっくりしたよ( ゚Д゚)

私はあまり気にせず、衛生病院で使っていたからという理由だけでそのままパンパースですが、

ママはなるべく子供のことを考えますからね。

何が引き金になるかわかりません。

もちろんおむつだけが理由なわけはありませんが、結局このご夫婦は本当に離婚してしまいました。

うさぎママが初めてのままにおすすめするのはこちらのオムツ。だいたいAmazonで購入しています。

小さな子供がいるおうち限定で、いつでも15%OFFで購入できるので定期便を利用してるんですよ。

うさぎママ
出産後は外出するのも大変なので、ネットで買い物できるというのは本当にありがたいですね。

紙おむつ、布おむつどっちが良いの?

お友達夫婦はどの紙おむつが良いかという内容で議論していたようですが、

うさぎママは

うさぎママ
そもそも紙おむつでいいのだろうか?という疑問がありました。

妊娠してから少し健康オタクになっているうさぎママは、紙ナプキンや紙おむつの弊害についていろいろ耳にしていたのです。

まず、うさぎママのまわりに極端なナチュラリストはいませんから、布おむつを選択している人は見つかりませんでした。

お友達の女医さんには
「経皮毒なんて医大で習ったこともないわ。全然気にしなくていいよ」と言われたので

少々ものぐさなうさぎママはそのままパンパースを愛用しているわけですが、
面倒でなければ布おむつにしてあげたいなぁという気持ちが少しあります。

だって、紙おむつ反対派の主張ってわからなくはないなぁって思っちゃうんですよね。

石油でできたものを肌に当てて良い気はしないという。。。

でも布おむつを頻繁に替えてあげないならそのほうが雑菌やかぶれがひどくなりそうなので仕方ありません。

紙おむつ、布おむつではなく、おむつが必要ないのでは?

そんなことをいろいろ考えていると、そもそもおむつって必要なんだっけ?という疑問がわいてきました。

未だ貧困は世界に溢れてるのに貧しい国に紙おむつが流通しているとは思えないし、
アフリカなどの水が貴重な国では布おむつすら使う余裕はないはず。どうやってるんだろう。

いろいろ調べてみると、

おむつを使っていない国はやっぱりたくさんありました。

一部の情報によると70カ国ほども(´・Д・)

うさぎママ
日本でも江戸時代まではそんな感じだったらしいですよ!

アフリカのお母さんはいつもスリングで抱っこしているので、赤ちゃんのおしっこの気配やタイミングがわかるそう。

気配を察知したらトイレに連れていってシューシューと言うとうまいこと排泄してくれるんですって!

パパくま
すごーい、あかちゃんえらい!!!

こんな有名な本もあるそうです。

赤ちゃんにオムツはいらない。。

結局ものぐさなうさぎママは布おむつも、おむつなしもチャレンジすることはありませんでしたが、

「こうするべき!!!」というのはたいてい思い込みな気がします。

ちょっと離れた国や、ちょっと昔にはなかった常識。あまり一つのことにとらわれず、おおらかに行きましょう!

ママはニコニコが一番です。

うさぎママ
そろそろぴよこも1歳なのでトイレトレーニング開始しようかしら。

大好きなアマゾンで調べてみました。おまるって安いのね!

シンプルなものからアンパンマンなどのキャラクター(音楽付き)まで!いろいろあって面白いですよ。

是非お気に入りのおまるでトイトレしましょうね♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

がみがみ育児はもう卒業!愛のある生活、今日から一緒に送りましょう(о´∀`о) 妊娠、出産、育児について同じ悩みをかかえるママの問題解決をしながら一緒に勉強していくブログ。得意なジャンルは無痛分娩、家事代行、国際結婚、旅行。