無痛分娩体験記。荻窪「東京衛生病院」計画分娩でついに出産!④

このページは「うさぎママの無痛分娩体験記」第4話(最終話)です

はじめから読む▶▶第1話|荻窪「東京衛生病院」計画分娩で、出産前日に病院入り

 

ついについにそのとき!!

24時間対応無痛出産可能施設体験記最終回はじめましてぴよこ!

前夜21時、仕切り直しに決まった私の出産。

15分後ありついた夕食は中華で、パパくま帰宅後のわびしい一人食でしたが、本当に一瞬で食べ終わりました。
麦茶すら美味しく感じます(笑)

抗生物質を二錠飲み、22時ちょっと過ぎまでテレビをつけて、それから就寝。

長い一日だけどまあ、ずっと寝てただけでもあるし、インフルエンザの時みたいな、ボーッとした変な感じ。
ぴよこおやすみ~。

ところが眠れません。
重い生理痛のような感じ。

あの食欲があっても、私は間違いなく衰弱しきっていました。
ものすごい腰痛。

 

1時35分

トイレに行くためナースコールをすると、促進剤を使わない陣痛はおそらく進まないので

麻酔をして眠ることで体力を温存するの方向に。

 

4時30分

おなかと腰の痛みで目が覚めました。
昨夜と同じレベルです。

5時まで待ってナースコール。

トイレに行きたいと言うと、洗顔歯磨きも終わらせてきてくださいとのこと。

今日は帝王切開になるかもしれないので、水分補給もこれを最後にするようにとも言われました。

血圧113、65。

ちなみにトイレでこっそり体重計に乗ってみると、来院した時とぴったり同じ重さ。

うさぎママ
昨日は一食しかしてないし、羊水やら血液やらかなり出たと思うのですが…おかしいなぁ。

 

6時15分

麻酔追加。
血圧102、63。

 

7時20分

痛すぎてついに吐き気。
少し吐くものの、水だけ出て終わり。
パパくま到着。

腰をさすってもらってももう耐えられない。
帝王切開覚悟で、さらに麻酔追加を依頼。

 

7時45分。

麻酔が効き、急激に楽に。
あの痛みが戻るくらいなら、やはり麻酔の力に頼るしかありません。
決意、して気が緩んだのか、

いつの間にか寝ていたようで、起きると9時半でした。

ぴよこ
これが数時間続くというのは私にとって考えられません。。無痛万歳!!

 

9時40分

子宮口を開かせるため、麻酔を微妙に効かせたまま、マッサージで陣痛を起こすやり方始まりました。
始めは我慢できるレベル。
昨日の痛みよりは若干弱めでしたが…

 

10時15分

麻酔が切れたのか急に痛みが強くなってきました。

もう痛みの内容がわかっているので、頑張れません。
15分だけ我慢して、ナースコールしました。

パパくまのこのときの心情。

パパくま
もうちょっと一緒に頑張りたかった……。……………。

悪いけど、既に私は普通に寝てることさえ無理で。
叫び出したいくらいの痛み。
わたしの答えは

「無理!!」

の一言でした。

うさぎママ
結局一般的につらくて耐えられないという痛みはここがピークで30分ちょっとのことでした。

 

10時45分

ついに子宮口全開!!
ギブアップして15分後のことでした。よかった~!!

紹局、がんばろうとがんばるまいと来るべき時は来て、赤ちゃんは生まれてくるんですよね。

看護師さんに聞いたんです。

「このまま耐えても子宮口が開かずに、帝王切開になるかもしれないし、麻酔が効いてても開くこともある」

すべては神のみぞ知るところ。
すべては自分の決断。

私は分娩か/帝王切開か

にはあまり強いこだわりはなかったので(とにかく出産の痛みを回避したい思いが強くて)

迷わず麻酔を選択しましたが、このあたりは、どなたも悩まれるところだと思います。

看護師さんも人によって、頑張ろうとか、無理しないでとか意見は分かれていましたし。
とはいえぴよこが本当に顔を見せてくれるのは、ここからさらに2時間ほど後のこととなります。

 

11時55分

ぴよこの下がり待ちで一時間経過。
麻酔が完璧に効いているので全く痛くないし、とりたてて何も感じません。
ようやく下りてきたらしく、分娩台へ移動しました。

 

12時10分

実践スタンバイ。
いつでもこい、ぴよこ!
どれくらい時間かかるんですか? と看護師さんに聞くと、

早くて15分、
遅くても30分ちょっと。
ー時間かかる人はいませんね。

(え、そうなの? もうそんなレベル? お腹全く痛くないけど…)

逆に慌てる私。
ここで数回いきみの練習。

陣痛も張りもわからないので看護師さんから指示されるタイミングでいきむだけ。

 

12時15分。

本物のいきみ。
一度目でいきなり一瞬酸欠になり、酸素ボンベをもらう羽目に。

結構うまいよー。
もう頭見えてるよー。

そんなにおだてないでくだ、え?

まじで???!!

 

12時25分

先生到着。
いきみ五度目にしてもう殆ど出てきてると…!!

頭大きいから会陰切開しなきゃいけないかも~ごめんね~と先生。

 

12時31分

ええ、と思ってたら、いともかんたんに(頭大きいのに笑)? 引っ張り出していただきました。
恐れていた会陰切開もなしでした。

とにかく生まれた瞬間は、痛みも何も全くなしで、20分ほどで遭遇できました。

うさぎママ
生まれてきてくれてありがとう。やっと会えたね!

 

感想

しばらくぼんやりした気持ちでした。
想定より、あまりにも早く、痛くなく、抱いたわが子は温かく、生命というものをあらためて強く認識した二日半でした。

無痛分娩の場合は麻酔が効いているので起き上がって抱っこはできません。

麻酔が切れる30分~1時間ほどたってから自分の部屋で抱かせてもらえます。とにかく私は無痛にして本当に良かった。

今後第二子を授かることがあっても、衛生病院にお世話になると思います。

長々とつきあっていただきどうもありがとうございました!みなさんご自分で納得のいくお産をしてくださいね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です